SphericalImageCamのフリー版を使って、Unityからハコスコ向け画像を作る

なんとかxRealityの創刊号が出る前に、SphericalImageCamのフリー版を作ることができました。暫定版はDropboxにおいてありますが、将来的にはこれもAsset Storeに載せる予定です。下のDropboxリンクがSphericalImageCamのフリー版となります。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/22995097/SphericalImageCam_Free_V1_0_0.unitypackage

さて、急いでフリー版を作った理由としては、@warapuriさんに紹介してもらった記事にもあるように、この全球画像がハコスコにも使えるということが分かり、今後ハコスコ関係のイベントも増えることを考え、Unityのフリー版からも使用できるようにしたわけです。 早速使い方の説明をします。Unityのコンテンツ制作に関しては、割愛させていただき、この記事ではこのアセットを使って全球画像をレンダリングし、純正のハコスコアプリで見るまで方法についてお話させていただきます。今回急いだのもあり、パッケージの中にマニュアルは含んでいません。

まずはDropboxからダウンロードしたファイルをダブルクリックし、すべてのファイルをAssetフォルダに追加します。

scr201 scr202

追加後、AssetフォルダにSphericalImageCam_Freeのフォルダができるので、その中にあるSICameraのPrefabをHierarchyに追加します。Main Cameraとの競合を避けるため、Main Cameraを無効にするか、Hierarchyから消しておいてください。もしOculusのAssetを利用している場合は、そちらのカメラも無効にしておいてください。

scr203

実行時は必ず、GameタブをUnityの画面のどこかに追加しておいてください。これをやらないと最悪Unityがフリーズします。また、アスペクト比はFree Aspectにしておいてください。それ以外のアスペクト比では画像が正しく表示されません。
フリー版ではRenderTexture無理やりスクリーンからそれぞれの方向のカメラ映像をキャプチャしているので、Gameタブのウィンドウの大きさがそのまま出力される画面の大きさになります。キャプチャする場合などは、下の画像のように、Maximize on Playが押された状態でウィンドウをフルスクリーンで実行すると、一番大きい状態で画像が記録できます。

scr204

今回のアセットには、あらかじめスペースキーを押すと保存する機能をスクリプトに記述しています。保存場所はプロジェクトフォルダと同じディレクトリにscreenshot.pngの名前で保存されるようになっています。

scr205

さて、今度はどうやってハコスコに持っていくかですが、Twitterの画像投稿サービスと連携させるのが一番手っ取り早い方法だということが分かりました。いろいろサービスはありますが、ついっぷるが一番分かりやすかったので、これを使ってみたいと思います。ついっぷるの登録の方法については、省略させていただきます。もちろんあらかじめTwitterの登録を済ませている状態から始めます。

ついっぷるの画像投稿から、先ほど作成した画像をアップロードします。画像のアップロードボタンから、所定の位置にドラッグアンドドロップすることでアップロードすることができます。

scr206

アップロードが終わったら、メッセージなどを添えると後で分かりやすいと思います。もしほかの方にも画像を共有、提供されるのであれば、ハッシュタグを追加してくれるとありがたいです。#SI_CamはSphericalImageCamの固有のタグですので、お気軽にご利用ください。#ハコスコはハコスコ全般なので、困る方もいるかもしれないので、ご利用はご計画的に。

scr207

今度はスマートフォンからTwitterのツイートを参照します。画面はJanetter for iPhoneになります。

scr208

画像を開いて、以下のように共有画面を開いてください。Twitterのクライアントによって操作方法が異なるので、この辺はTwitterクライアントの仕様に従ってください。

scr209

iPhoneの場合はカメラロールに画像を保存し、ハコスコアプリを使って画像を開きます。(iPhoneだと公式(名前:ハコスコ)があります。そのほかは公式サイトから対応アプリが掲載されています) 今回は公式純正のアプリを使用しました。 scr210

こんな感じに、自分が作ったUnityのゲームの景観を、ハコスコの中でパノラマで体験することができます!

ハコスコ向けだと実写のものが多いのですが、今後こういったCGの空間のコンテンツも増えてくれるとうれしいです。